抜け毛 対策

どの程度から男性型脱毛症(AGA)と診断されるのか

AGAクリニックで男性型脱毛症と診断するためには何らかの物差しが必要です。見た目でなんとなく薄毛だからあなたはAGAですなんてあいまいに決めるわけにはいきません。

 

解剖学者のJ.B.ハミルトンは横からみて頭頂部と額の生え際の距離が2cm未満だとAGAだと診断を下すという基準を作りました。

 

その他に一言に男性型脱毛症といっても頭頂部が薄いケースがあれば、生え際が後退するケースなど薄毛の症状は様々です。

 

これらを説明するためにハミルトンと植毛外科医のノーウッドはハミルトン・ノーウッド分類という男性型脱毛症の診断図を作りました。参考:ハミルトン・ノーウッド分類

 

日本ではこの分類図を日本人の脱毛パターンに即して修正した分類図を用いて男性型脱毛症の診断を下しています。

 

脱毛の仕方には個人差があるのでより正確の薄毛の状況が知りたい場合はAGAクリニックで診察を受けると良いでしょう。

 

薄毛対策の育毛剤はこちらを参考にして下さい。

 

おすすめ育毛剤を紹介しています!