抜け毛 対策

薄毛の進行を把握する

一口に薄毛と言っても生え際が後退し始めている状態や頭頂部が薄くなっている状態、頭部全体が薄くなっている状態などさまざまな状態に分けられます。

 

AGAでは進行の程度や薄毛の部位によって分類することができます。この分類はアメリカの医師であるハミルトンとノーウッドが作ったもので薄毛の判定に用いられています。

 

この分類法を「ハミルトン・ノーウッド分類」といいます。ハミルトン・ノーウッド分類は薄毛のパターンをT型からZ型の7つに分類しています。

 

T型
正常。薄毛ではない

 

U型
前頭部が後退し始めている

 

V型
局所的に肌が露出する部分がある

 

W型
前頭部の薄毛はさらに進行し、頭頂部まで薄毛が続いている

 

X型
前頭部と頭頂部の薄毛がつながった状態

 

Y型
前頭部と頭頂部が肌の露出でつながった状態

 

Z型
頭部全体で肌が露出し、ごく一部に髪がある状態

 

 

薄毛の分類は上のとおりですが、進行の仕方には個人差があります。額の生え際が後退して薄毛が進行していくパターンを「M型」と呼び、頭頂部から薄毛が進行するパターンを「O型」といいます。

 

薄毛になったらこの育毛剤を!

 

薄毛対策の育毛剤を見る